MENU

わきが突然発症するのは遺伝のせい?

思春期の頃から突然わきが臭いはじめた。。。
就職して少しした頃からわきがが出てきているような。。。

突然現れた脇のにおいに困惑しながらも周りにばれたらと焦りを覚えるわきが。

今まで全然わきがなんてなかったのに突然わきがが発症する理由ってなんなのでしょう?

わきが体質が発症するのは遺伝?

わきがが発症する主な理由は遺伝です。

わきが体質は遺伝する確率がかなり高く、両親ともにわきがなら80%以上、片方の親だけなら50%以上の確率でわきが体質が遺伝するといわれています。

ただ、「遺伝なら仕方がない…」と悲観的になる必要はありません。

高い確率で遺伝するわきがですが、必ずしもわきがの症状が発症するとは限らないからです。

わきがが突然出てきても、ニオイが強くなるのは別。

発症理由と症状が強くなる理由が別物であるならニオイを抑える対策をとることができます。

わきがと遺伝の関係についてについて詳しく見ていきましょう。

わきが体質が遺伝する理由


わきがが遺伝する理由を理解するために、あなたには学生時代の生物の授業を思い出してもらう必要があります。

わきがの遺伝子は優性遺伝します。

優性遺伝とは、わきがの遺伝子を持つ親(片親・両親問わず)が子供を授かったとき、優先的に遺伝しやすい遺伝子のことでしたね。

優性遺伝するわきがの遺伝子は優先的に子供に受け継がれるので、親がわきがなら高い確率で子供に遺伝してしまうのです。

遺伝で受け継がれるのは、わきがの根源となるアポクリン汗腺が活発に働く体質。
誤解のないよう、補足で紹介します。
アポクリン汗腺が活発に働く体質というのは、アポクリン汗腺自体が遺伝するという意味ではありません。
アポクリン汗腺はどなたでも必ず持っている汗腺です。

わきが体質の人はアポクリン汗腺が汗を出す状態まで発達しているだけ。
つまり、遺伝によるわきが体質というのは『アポクリン汗腺が汗を出せる状態になりやすい体質』ということとなります。

遺伝をしていなくてもわきがになる可能性は十分にあるということです。

わきがはアポクリン汗腺が活発に働く人が発症する体質とも言える症状です。

※わきがは隔世遺伝(かくせいいでん)もします。例え両親がわきがではなくとも、おじいちゃんやおばあちゃんがわきがだった場合、隔世遺伝でわきがを受け継ぐことがあります。

遺伝によるわきが体質でわきがが発症したら

遺伝による影響が強くてわきがが発症した場合には、脇以外にも確認して欲しい部位があります。

それは
・乳首
・デリケートゾーン
の2つ。

実はわきがのする部位は脇だけではありません。

万マリーラインといわれる脇からデリケートゾーンをつないだライン。

乳首やデリケートゾーンもわきがが発症する部位なのです。

そのため、遺伝によってわきがが発症してしまったと感じているあなたは、乳首やデリケートゾーンも確認しておいたほうが良いといえます。

遺伝的にアポクリン汗腺が活発になりやすいのであれば、もしかしたら脇よりも先に乳首やデリケートゾーンにわきがが発症している可能性もあります。

わかりやすいのは下着に黄色っぽいシミができていないかどうかを確認すること。

アポクリン汗腺からでる汗は脂質やミネラル、アンモニアを含んでいるので下着に付いたら黄色いしみになります。

遺伝してわきがになりやすいからこそ、確認をこまめにするようにしたほうが対策をとりやすいといえるのです。