わきが対策は方法を間違えるとわきがが強くなるの?

自分がわきがだと認識しても、人に相談することってなかなかできませんよね。わきがはデリケートな悩みですからためらうのも仕方のないことです。
わきがの対策方法はインターネットで調べることが可能です。しかし、誤ったわきが対策をしているとわきがが強くなってしまうって知っていましたか?わきが対策は正しい対策をとらないと逆にわきがを強くします。
あなたの調べたわきが対策は本当に正しいものでしょうか?間違った対策でお肌にトラブルを起こしてわきがが悪化してしまうこともあります。間違った対策でわきがの悩みを深くしないよう、正しい対策方法でわきがのケアをしていきましょう。

正しいわきが対策ってどんな対策?

わきがはアポクリン汗腺というところから出る汗を脇に存在する常在菌が分解することで発生するニオイのことです。アポクリン腺から出る汗はもともとは無臭ですが、細菌が分解するときに初めて臭いを発します。汗と細菌が衣服に付着すると服からもわきがの刺激臭を出すので、わきが対策は脇に行う対策と衣服に行う対策の2つを行う必要があります。

脇に行うわきが対策方法はどんな方法?

脇に行うわきが対策は、主に汗と細菌の対策をすること。わきがの原因になる汗が出なければわきがは発生しませんし、汗が出ても常在菌に分解されなければわきがは発生しません。
脇にする対策方法を見ていきましょう。

汗のケアで行うわきが対策
汗の対策は予防法と対処法の2種類が存在します。予防法は汗が出ないように対策をとること。対処法は汗をかいてから対策をとることです。

汗が出ないようにする対策と言うのは、制汗クリームや制汗スプレーなどを使って汗を脇からかかないようにする方法です。最近ではわきがクリームやミョウバン水など様々な汗を止める効果を持つものがあります。制汗剤を汗をかいた後に使う方もいますが、制汗剤は汗をかく前に使用することで効果を発揮します。
ですが、スプレータイプの制汗剤を使っている方は要注意!スプレータイプの制汗剤は脇の肌に刺激を与える制汗剤となっています。肌は刺激を受けると汗腺を活発に働かせてしまい、制汗剤の効果が発揮される前に汗が出てきてしまいます。制汗剤を使うなら肌に刺激を与えないクリームタイプのものがおすすめです。
汗をかいてしまうとわきがの発生を抑えることが難しくなります。わきがの臭いをなくす為には、まずはわきがが発生しないように汗をかく前の対策を完璧にしましょう。

汗をかいた後に行うわきが対策
汗をかいた後のわきが対策は汗を一刻も早く拭き取ることと、脇を清潔にすることです。脇に汗をかいてわきがが発生するまでには1時間ほど時間の余裕があります。脇に汗をかいたらわきが臭が発生する前に汗を拭き取るようにしましょう。
汗を拭き取るときには湿ったタオルで優しく拭き取るようにしてください。わきがの原因となる汗は脂質を含んでべとべとしています。乾いたタオルだと力を入れて擦ることになるので、脇汗を拭く刺激でさらに汗をかいてしまう可能性があるからです。
汗を拭き取ったら次に汗拭きシートなどの殺菌・抗菌作用のあるもので脇の消毒をしてください。汗を拭いたからといって100%汗をなくすことはできません。わきがの原因となる菌を減らし、活動を抑えることでわきが対策効果がアップします。

衣服に行うわきが対策

衣服に行うわきが対策は、服に付いた汗を完全に落とすことがポイント。アポクリン汗腺からでる汗には脂質が含まれているため、普通に洗濯をするだけでは完全に落ちきりません。アポクリン腺から出た汗が服に残っていると、服を着たときに皮膚常在菌が皮膚から服に移動して服からわきがを発生させることになります。
とはいえ脂質を普通の洗濯洗剤で落とすのっってすごく大変ですよね。そんなときには界面活性剤を多く含んだ洗剤を使用してください。界面活性剤の効果で油が水に溶けやすくなり、染み込んだ脂質汚れを落とすことができます。また、黄ばみ落としに効くといわれる重曹も油汚れを落とす効果がありますので、洗濯時に重曹を活用することもわきが対策として効果的です。

服に残ったアポクリン腺から分泌された汗を取り除いたら、次は汗を分解して臭いを出す細菌の対策です。服に付いた細菌の数や服に移動する細菌の数を少なくすれば服から出るわきが臭はなくすことができます。洗濯を干すときに服にファブリーズやリセッシュなどの抗菌スプレーを吹きかけて、服の細菌対策をしましょう。細菌対策で服から発生するわきがの対策ができます。
抗菌スプレーでおすすめなのは、わきが対策や汗臭さ対策用に作られた抗菌スプレーです。わきがの原因菌をほぼ100%撃退してくれます。


わきが対策の基本は臭いを発生させない為の予防対策です。わきがが発生してしまったら洗い流すかデオドラント剤で対処をしないといけなくなるので、わきがが発生しない対策を先回りして行うことが大切なんです。


わきが商品を使わずに行うわきが対策

わきが対策はわきがの専用商品を使わなくても行うことができます。
ここではわきが商品を使わないわきが対策について紹介していきます。

専用商品を使わず汗を止めるわきが対策

わきがはアポクリン汗腺という汗腺から出る汗が脇の皮膚にいる細菌に分解されることでにおいを放ちます。その為、臭いの元凶となる汗を止めてしまえばにおいを放つことはありません。わきがクリームで制汗効果が高いと宣伝しているのもこれが理由です。
クリームをスプレーを使わずに自分でできる汗をとめる方法は、ツボを押す方法。京都の舞妓さんって夏でも汗をまったくかかずに涼しい顔をしていますよね。実は舞妓さんが汗をかかないのはツボを刺激して顔に汗をかかないようにしているからなんですよ。

舞妓さんが使っている汗をかかないツボは大包(だいほう)というツボです。
このツボは脇の下から指3本分くらいの位置にあるツボで、舞妓さんはこのツボを帯で抑えることで汗をかくことを抑制しています。
女性の場合はブラジャーをきつく締めることでこのツボを刺激できますので一度試してみてもいいですね。※あまり強く締めすぎると貧血になってしまいますので、締める時間やきつさを調節するようにしてください。

また、この方法は半側発汗という原理も応用した汗対策の方法となっています。半側発汗と言うのは体のどこかを圧迫すると、反対側の発汗が抑えられるというものです。胸の辺りを圧迫したら上半身の汗が。お尻の辺りを圧迫したら足の汗が押さえられたというデータがあります。
しかし、汗が抑えられる分、反対側の汗の量は増えてしまうので要注意です。

専用商品を使わずわきを清潔にするわきが対策

脇を清潔に保つだけでも十分なわきが対策になります。わきが臭は汗を書いてから1時間〜2時間ほど経ってからニオイが発生します。
脇を清潔に保つことでわきが対策ができるというのは、清潔にすることでわきがの発生をなくすことができるからです。清潔にするわきが対策として大事なのは汗を脇からない状態を保つことと、脇の菌の活動を抑えることです。
脇に汗と菌がいない状態を作れればわきががすることはありません。対処両方としてのわきが対策の中でも、脇の汗をこまめに拭くこと。脇を汗拭きシートなどで殺菌してあげることがとても効果的です。

専用商品を使わず食生活を見直すわきが対策

食生活を見直すだけで十分なわきが対策効果が得られるって知っていますか?
食事は体に直接影響をもたらす大事な要素です。そんな食事でどのようにわきが対策ができるのでしょう?

まず、わきがや体臭をきつくする食べ物があることを知っておきましょう。
肉・乳製品・揚げ物・キムチ・にんにく・にら・たまねぎなどの脂の多い食品や臭いのきつい食品は体臭を強める効果があります。日本人のわきがが気になるようになったのは欧米の食文化が浸透したからといわれています。和食をメインとしていた時代の日本人にわきが持ちの人がほとんどいなかったことからこのことが正しいと言うことが分かりますね。

わきが対策を行うならまずは日本食をメインとした食生活に変更することをおすすめします。
野菜中心の生活を送るようにするだけでわきがの軽減が見込めます。特に梅干・海藻類・緑茶などがわきがには効果的といわれているので、積極的に取摂るように心がけましょう。







間違ったわきが対策ってどんな対策?

間違ったわきが対策というのは、正しいわきが対策をやりすぎていたり、根拠のない対策方法で自己満足を得ているようなやり方です。わきが対策には制汗剤やデオドラントを使ったケア・有酸素運動・生活習慣や食生活の改善など様々な方法があります。間違った対策でも、一時的に臭いが軽減されたりして、効果があったと勘違いしてしまうこともあります。そうしたなかで、比較的多い間違ったわきが対策について触れてみたいと思います。

水分を控える

汗をかきたくないという気持ちから、水分摂取を控える方がいます。しかし、水分を控えたからと言ってわきがに効果はありません。汗は本来、体の体温調節をしてくれる必要なものです。水分を摂らないと脱水症状の心配もありますし、汗の成分が濃くなってしまうためわきがが発生したときの臭いがつよくなり逆効果です。余分な水分は排泄されるわけですから、適度に必要な分(1日1.5?程度)のに水分を摂り、汗をかいたら拭くという生活を送るようにしましょう。

市販の傷用消毒薬をつかう
強い殺菌作用があるので、わきがに効果があると言われています。しかし、傷用の消毒薬はあくまでも傷口の消毒薬で、殺菌効果です。アルコール消毒と違い、傷用の消毒薬は殺菌効果が強すぎて肌に大きな負担をかけることになります。肌は刺激を受けると汗をだしますので、傷用の消毒薬はわきがを強くしてしまう可能性もあります。わきが対策として傷用消毒薬を使うのは止めましょう。

わきをゴシゴシと強く洗う
わきの下の皮膚はとても薄くデリケートな部位です。そんな場所をゴシゴシと一所懸命に擦ってしまったらトラブルを招くことはあっても、わきがが改善されることはありません。傷が出来て雑菌が入ると大変ですので、すぐに止めることをお勧めします。わきが対策としてわきを洗う時には柔らかい素材のもので優しく洗うようにして下さいね。

わきの洗い過ぎ
先の項目と少し通じるところがありますね。わきが対策として洗うという選択をするとき、わきがの臭いが気になるのでどうしても洗い過ぎてしまう傾向があるようです。何度も何度も脇を洗ってしまうとお肌の乾燥を招きます。乾燥は肌の持っているバリア機能を低下させるため、それを補おうといつも以上に皮脂の分泌が行われ、わきが臭が強くなるので注意が必要です。

わき毛を抜く
抜くのは汗腺を刺激したり汗腺を広げたりして、汗が出やすくなるのでやめた方が良いでしょう。また、わき毛を抜くことで抜いた毛穴に炎症を起こす可能性も出てきます。炎症が起きている部位は肌に刺激が当たり続けることになるので、汗腺を活発に活動させることにつながります。

カミソリで剃る
カミソリで剃る場合は、恐らく2〜3日くらいに1回など頻度が高いと思います。回数が多い程、肌への負担も大きくなり、やはり傷などが出来やすくなってしまいます。また、使用するカミソリが不衛生だと雑菌も繁殖しますので、使用後は消毒することをお勧めします。


※わき毛を処理する際はシェービングクリームや、お肌の弱い方はワセリンなどを塗って行うと良いでしょう。お肌の負担が軽減できます。また、処理後のケアとして保湿をすることが重要です。わき毛には水分を留める働きがありますが、剃ることで乾燥しやすくなるため、代わりに低刺激の保湿クリームなどを利用するのがお勧めです。乾燥したままだと上記にも記載したように、余分な皮脂が分泌されてわきがには逆効果になるからです。

わきがをこれ以上強くしない為には


如何でしたか?ご自身で思い当たるような間違った対策などはあったでしょうか?

*大前提は洗い過ぎないことと擦らないことです。
*わきの下は皮膚が薄いため柔らかい素材のもので洗って下さいね。
*わき毛の処理は必ずクリームを塗ってから、清潔なカミソリを使用して下さい。
*使用後のカミソリは消毒しましょう。
*乾燥はわきがを助長させるので、保湿が大切です。

臭いを気にし過ぎると、ストレスで余計に汗をかいたりします。制汗剤やデオドラントを頻繁に使いたくなると思いますが、何事もやり過ぎは良くありません。
例えば、自分の中で時間を決めてケアしたり、持ち歩けるような小さなタイプのケア商品を持つだけでも、安心感が出てストレスの軽減に繋がると思いますので、試してみて下さいね。