お腹まわりの贅肉を落としたい!!

最近お腹周りがきになり痩せたいです。かくれ肥満メタボでこまっています。
お腹周りはコアの筋肉と中の腸を綺麗にすることからダイエットは始まると考え腸を整えるようにお腹のマッサージをしたり食物繊維の含まれるものを食べるなどしています。
玄米ごはんがお腹にきくようで最近お腹の調子もよくなったように感じています。
腸の中からお腹のダイエットはしていってますがコアのほうのトレーニングはなかなか上手にはできません。
お風呂で腹式呼吸を練習してお腹の筋肉を鍛えようをしていますが、腹式呼吸がうまくいかず四苦八苦しています。呼吸法からへたくそで全然です。
お腹周りのダイエットは外見と中から両方だとは思いますが難しいです。簡単に痩せたいですが日々のちょっとした生活から変えられそうなところもあるので食事と呼吸法について気をつけながらダイエットしていきたいと思っています。

 

ウェストをひねるストレッチやダンスエクササイズで根気よく。

身体で気になるのはウエストまわりですね。年齢とともにウエストのあたりに脂肪がつきやすくなっている気がします。
なるべくウエストをひねるストレッチをしたり、軽い腹筋をしています。
毎日少しずつでも継続することで、効果が出ている気がします。
後は、半身浴の際に、マッサージをします。
入浴剤に塩を少し入れることにより、御湯も柔らかくなるのですが、血行もよくなるので、全身のh新陳代謝もよくなり、マッサージの効果も上がるようです。
体温があがることにより基礎代謝もあがるので一石二挺ですね。
脂肪は温度が高いほど燃えやすくなるのでなるべく継続しています。
テレビを見ながらよくウエスト様のマッサージ機でウエストを中心にマッサージしています。
諦めないのが肝心ですよね。

 

 

もともと食べる事が大好きな私はやはり普段の食生活においてカロリー摂取が多すぎる傾向にあります。
それで、痩せたいとおもった時にはおもいっきりカロリー摂取を控えるよう努力して痩せるよう努力します。
それでも特に食品のカロリー計算が得意なわけではないので、晩御飯のメニューを生野菜、豆腐、海藻、それから鶏ささみのみに限定して食べるようにします。ドレッシングは市販のカロリー控えめなものを使うようにし、毎日同じものを食べ続けます。
意外と1週間続けるだけでも、私にとっては効果があり、3キロほど落とすことができます。きっと続ければ5キロくらいまでは簡単に痩せると思います。
それに加えていつも以上に体を動かすようにしてカロリー消費を促します。
以上が私が試した自己流ダイエット方法です。

 

体の筋肉の中でも比較的大きな筋肉である太ももを鍛えると、階段の上り下りも楽に行うことができるようになります。
歩くのも走るのも全て筋肉がないとできません。
筋肉が衰えると、すぐに疲れてしまったり、ちょっとしたことで転倒してしまったりすることもあります。

 

そこで、スクワットをして太ももを鍛えるのがおすすめです。
スクワットと聞くとつらそうなイメージがありますが一度に多くの回数を行うのではなく、ちょっとした時間を使って少しずつやると長く続けられます。

 

たとえば、電子レンジを使っている時やお味噌汁を沸かしている時など、ただ黙って立って待っているのではなく、その場でスクワットをします。
そうすることであえて運動をする時間を設ける必要もなく、やらなければならないという義務から嫌になってしまうといったこともなくなります。
ながらスクワットなら、無理なく続けることができるのでおすすめです。

 

数年前に実際に自分が行った方法をお話したいと思います。

 

当時の自分は身長が158センチに対して体重が55キロと標準体重以上で、下っ腹を含め太ももがとても太い体型でした。
それまでは一度もダイエットのことを考えた事もなく、必要性も感じていなかったのですが彼氏に「夏に海にいこう」なんて話が持ち上がったもので、「これはやばい!」と思ってダイエットを始めました。

 

食事の量を適量に減らして運動をするのはもちろんの事、太い太ももをどうにかしなくてはならなかったので、当時TVでよく宣伝をしていた足を開いたり閉じたりして足の筋肉を鍛える器具を思い切って購入しました。

 

この器具を使って朝晩1分間、足を開いたり閉じたりしていたら1ヶ月もするとジーパンにだいぶ隙間が出てきてサイズダウンすることができました。
いつも、ウエストは大丈夫なのに太ももが入らずに太ももサイズにあわせてジーパンを購入していたのでコレには驚きました。
ウエストも若干サイズがダウンしてましたね。
ダイエットも無事成功して、その年は海に行く事ができました。

 

 

思えば昔バレエを習っていた頃は適度に太ももの内側の筋肉が鍛えられていたのか、太くはなかったんですよね。

 

私がオススメする足(太もも)痩せの方法は、ズバリ”太ももの内側の筋肉(内転筋)を鍛える事”です。
器具を使う事で効率よく鍛える事が可能ですが、エクササイズで鍛えるのも良いのではないでしょうか?

 

 

「おなか周りの贅肉を取る為に、腹筋をする」
これは割と基本なので、聞きい事がある人も、実際にやってみた人も多いことでしょう。

 

でも
腹筋を続けると、贅肉が取れる前に「痔」になる女性が多いんです。

 

何人もの知り合いから聞いたのですが、
腹筋を続けることで、腹腔の内圧が上がります。
圧力と言うのは、弱いところから出て行こうとするもの。
人間の消化器系は、入り口である「口」と、出口である「肛門」だけ。

 

ですから腹筋をしている行為が、肛門に向かって内臓を押しやり、
圧力をかけ、うっ血させたりすることになります。
そんな小さなダメージを毎回与え続け、
そして蓄積され、「痔」と言う形で、現れてしまうのです。
特に肛門括約筋が弱い女性ほど、それは顕著に現れます。

 

つまり早く痩せようと無理な回数を粉す行為そのものが、
早く「痔」になってしまうのです。

 

この他にも間違った腹筋は、首や腰を痛めることがあります。
何でも自己流に、アレンジしたりして行ってはいけませんよ。