アトピーの原因について

アトピーとは、アトピー性皮膚炎の略称です。
皮膚の一部が赤くなり、かゆみを伴う症状がよく見られます。
乳幼児など幼少期にアトピーを患っていた方、あるいは家族や知人がアトピーを患っている方も多いのではないかと思います。

 

おなじ兄弟でも弟だけがアトピーだったり、ある時期だけ症状が出たりなどアトピーは個人差が大きい病気であると言えます。
そもそも、アトピーはどのように発症するのでしょうか。

 

アトピーは花粉症とおなじ免疫系の過剰反応による病気です。
おなじ花粉があっても、くしゃみや鼻水が止まらない人と、まったく平気な人がいますね。それと同じくアトピーも、先天的にアトピーになりやすい体質というものがあります。
生まれつき免疫系が過敏な体質や、皮膚の角質層で水分を保つ「セラミド」が減りやすい、いわゆる乾燥肌体質もアトピー体質のひとつです。

 

そして、花粉症が花粉によって発症するように、アトピーもアレルギー反応を引き起こす物質「アレルゲン」によって症状が引き起こされます。
花粉ももちろんアレルゲンになりますし、ハウスダスト、ダニ、カビ、ペットなどがよく知られていますね。
これだけでなく、汗、石鹸、化粧品、紫外線などによる皮膚の刺激もアトピーを引き起こす可能性があります。膝の裏や背中など汗をかきやすい部分に発疹ができるのはこのためです。

 

また心理的なストレス、睡眠不足といった生活習慣もアトピーの悪化を助長させるとされています。

 

アトピーの治療には様々な種類があります。薬物を使った治療が一般的ですが、それらは根本的な解決にはならなかったり、皮膚を傷める副作用があったりします。
その中で最も効果的で安全な治療は、食事と運動による体質改善であると言えます。
まず食事に関してですが、アトピーの原因となる物質、アレルゲンを知ることが大切です。そして、そのアレルゲンの含まれる食材を食べないようにすることが必要となります。アレルゲンは病院で診断してもらってもいいですし、自分自身で調べることも可能です。症状が悪化したときに、自分がどういうものを食べていたかを調べるのです。そこでわかった食材を食べないようにするだけでも、症状をやわらげたり抑えたりする効果が期待できます。
 次に運動です。中でもウォーキングをおすすめします。急な激しい運動は、汗にミネラル分が混じって雑菌が繁殖するきっかけをつくってしまうので、ウォーキングなどの軽めの運動が効果的なのです。
また、ストレスがアトピーの症状を悪化させてしまうこともあるので、ストレス発散やリラックス効果のあるウォーキングは、その点でもまさに一石二鳥と言えるのではないでしょうか。
 以上2つを挙げましたが、どちらも継続が最も大切となります。一時的にしかやらなければ、一過性の効果しか期待できません。続けていくことこそが最も大きな治療となるのです。

 

アトピーは一朝一夕で治る病気ではないため、長期的な通院が必要となります。そのため病院の選び方がとても大切になってきます。以下要点を3つ記します。

 

1、 きちんと診察をする→当たり前のことですが、ろくな診察もせず薬を出して終わって
しまうような病院もあります。診察の時にきちんと触診をしてもらえるところが良いでしょう。なぜならアトピーは見た目だけで判断してはいけないからです。あやまった薬を出されると大変なことになります。

 

2、 医師の親身な対応→治療の方針や薬の説明をろくにおこなわず、質問にも答えてくれ
         ない病院もあります。それはアトピーの原因となる物質が検査でも分かりづらいため、とりあえず薬を出しておけば良いと考える医師側の都合があるからです。
はじめに書いたように長期的な通院が必要になるため、医師の親身な対応と精神的なケアとが重要になってきます。

 

3、 実績と経験のある病院→インターネットやコミュニティを利用して情報を手に入れま
しょう。いい病院にはかかりつけの方の紹介や、口コミの評判がたくさんあります。それらの意見を参考にして、いくつもの病院を回って費用ばかりがかさんでしまうというようなことにならないようにしましょう。

 

以上のことを挙げましたが、思うような病院に出会うことはなかなか難しいことです。しかしあきらめずに取り組むことが何より大切です。信頼できる医師と出会って二人三脚で取り組めば、アトピーは治すことが出来るのですから。どうか根気強くアトピーと向き合っていってもらいたいと思います。

 

「アトピーのためのスキンケアについて」

 

アトピーを治療する上で大切なのが、スキンケアです。
アトピーの肌は乾燥してバリア機能が弱く、炎症を起こしています。
そこで、薬を塗るだけでなく同時に肌の水分を補うように保湿して、肌のバリア機能を高めることが大切になります。
たとえ、薬で症状が改善しても保湿剤の使用をやめてはいけません。
なぜなら薬はあくまで「炎症を抑える」ためのものなので、一見良くなってもバリア機能を補わないとまた炎症が起きてしまう可能性があるからです。

 

保湿と同時に、皮膚を常に清潔に保つことが重要です。
特に外から帰ったとき、汗をかいたときにはしっかりお風呂に入り、丁寧に体を洗う必要があります。
これは、汗や汚れや雑菌が肌に刺激を与え、アトピーを悪化させるためです。
お風呂では、少量の石鹸で優しく洗うと効果的です。
石鹸を使うのは一日1〜2回までが最も良く、あまり石鹸を使い過ぎると肌を乾燥させてしまう恐れがあります。石鹸でどうしても乾燥してしまう時は、汚れやすい部分だけ石鹸で洗っても構いません。また石鹸を使った後は十分にすすぐことも大切になります。
また、湯船につかることはアトピーにとって問題にはなりません。
むしろ湯船に浸かることで肌が潤いますし、毛穴の奥の汚れもしっかり落とすことができます。
ただしお湯に浸かる時間が長すぎたり、お湯の温度が熱すぎたりすると、かえって皮膚を刺激してしまう可能性があり、注意が必要です。