わきがの原因はなに?わきがを悪化させてしまう原因も徹底解明!

わきがのにおいはなぜ出るの?
わきががきつくなってきたのはなぜ?

そんな疑問や、日々きつくなるわきがに悩みは大きくなるばかりですよね。

わきがはあなたの生活習慣や状況によって突然発症したりもします。

今までは周りに気付かれないくらいのニオイだったのに最近になってにおいが強くなってしまったという方は、わきがを強くしてしまう原因があります。

あなたのわきががなぜ発症したのか、においが強くなってしまった原因はなんなのかをみていきましょう。

わきがっていったいなに?

わきがとは、腋臭症(えきしゅうしょう)という、主に脇から発生する悪臭のことを指すものです。

脇にはアポクリン汗腺という汗を出す器官が存在しており、このアポクリン汗腺から出てくる汗を皮膚に存在する細菌(皮膚常在菌)がパクパク食べてしまうことでわきがを発生させます。

細菌が汗を食べるということは、汗を発酵させるということ。

キムチや納豆を想像してもらったらわかると思いますが、発酵したものって独特のにおいがありますよね。

わきがは汗が発酵したにおいというわけです。

原因であるアポクリン汗腺とは

体の全身に分布するさらっとした汗を出す汗腺はエクリン腺と呼ばれる汗腺です。

それに対してわきがの原因となる汗を出す汗腺のことをアポクリン腺と言います。
※アポクリン汗腺はエクリン汗腺と違って脇・耳の穴・乳頭(乳首・乳輪)・陰部等の限定的な場所にしか存在しません。

アポクリン汗腺から出る汗には水分やミネラル分のほかに、脂質・糖質・ミネラル・鉄・アンモニア・たんぱく質などが含まれ、粘り気・黄色み・薄い赤みなどの特徴があります。

アポクリン汗腺はわきがの原因となる汗ですが、汗自体には何も臭いはありません。

わきがの原因となるアポクリン汗腺から出る汗とエクリン汗腺から出る汗について簡単にまとめてみました。

・エクリン汗腺の汗⇒99%水分のさらっとした全身から出る汗。
・アポクリン汗腺の汗⇒脂質やアンモニアなどを含む粘度のある汗。わきがの原因となる。

アポクリン汗腺は普段の生活習慣や脇にかかる刺激の多さによって太くなったり、活発に働いたりすることがあります。

わきがの人はアポクリン汗腺が活発に働く体質を遺伝している。もしくは活発に働くようになってしまっただけなので、年齢と共にアポクリン汗腺がの数が増えたり減ったりはしません。


そんなアポクリン汗腺から出る汗と皮膚に住み着いている細菌の関係についても確認しておきましょう。

皮膚常在菌(細菌)とアポクリン汗腺の関係

わたしたちの皮膚には、目には見えない細菌が住み着いています。

わきがの臭いが発生するのは、アポクリン汗腺から出る汗含まれる脂質やタンパク質、アンモニアを皮膚常在菌の「コリネバクテリウム属」が分解(発酵)してしまうからです。


コリネバクテリウム属はアポクリン汗腺から出た汗を好むため、わきが体質の人の皮膚にしか存在しない菌です。

コリネバクテリウム属が汗を分解(発酵)するときに出る独特のにおいがわきがの正体です。


それなら、原因の菌を無くしてしまえばいいのでは?と思いますよね。

しかし、皮膚常在菌にはいろいろな種類と働きがあり、一概に全ての菌を殺菌すれば良いというものではないのです。

皮膚に住む細菌には、私たちの皮膚を病気から守るなどのメリットもあるということも忘れてはいけないません。

過度の殺菌は皮膚病を招いてしまう可能性もあります。

皮膚の常在菌の働き。

・皮膚常在菌⇒わきがの臭いを発生させる元凶。人の体に存在し、汗や皮脂を栄養として分解する菌。皮膚病などから守ってくれる役割を持つ。

わきがが発生する原因を確かめたところで、次はわきがの臭いについてみていきましょう。

わきがはどんなにおいがするの?

わたし、わきがかも。。。

と思っていても、実際にはわきががどんなにおいなのかわからない。

そんなあなたはもしかしたらわきがではない可能性も十分にありえます。


自分がわきがだと思い込んでいて医者に受診したらわきがじゃなかった。

なんてケースも多くあるので、まずはあなたがわきがだと思っているにおいは本当にわきが臭なのかを確認してみましょう。

わきがのにおいのキツさや種類は人によって異なるため、臭いに強さについて具体的にお伝えすることはできません。

しかし、例えるならこんな臭い!と提示することはできます。

以下の例えはわきがの臭いに例えられる一例です。

・生乾きの雑巾のニオイ
・鉛筆の芯のニオイ
・たまねぎのにおいをきつくしたニオイ
・すっぱいニオイ
・乳製品が腐ったニオイ

わきがは腋臭症とよばれ、わきに発症することが多い汗臭さとは違った独特の臭いの症状です。

上手く言い表せない感じのニオイですが、様々な表現をまとめると「刺激を感じる臭い」というのが共通しているところ。

汗臭さとは異なるにおいなので、汗臭さ以外の臭さが感じ取れたらわきがの可能性は否定できません。

そんなわきがの刺激臭を抑えるには汗と菌を抑制してあげることが大切です。

汗と菌の

汗と菌を抑制するのにおすすめなクリームはこちらのページで紹介をしていますので、気になる方は覗いてみてください。

ワキガクリーム


わきがが発症する原因っていったいなんだろう?

わきがはアポクリン汗腺から汗が出ていなければ発症することはありません。

でもアポクリン汗腺は誰しもが持っている汗腺です。

それなら人間はみんなわきが持ちなの?

と思うかもしれませんが、それも違います。

アポクリン汗腺は全ての人の体にありますが、アポクリン汗腺が機能しているかどうかは別の話しなのです。


アポクリン汗腺は、何かしらの理由で汗腺が発達しないかぎり汗を出すことはありません。

アポクリン腺を発達させる原因は遺伝であったりストレスであったり食生活であったりと様々。

わきがを発症したと感じているなら、何かしらの原因でアポクリン汗腺から汗が出るようになってしまったこと原因だと考えられます。

わきがの発症には必ず原因が存在するのです。


アポクリン汗腺が活発になる原因には
・遺伝
・ホルモンバランスの変化
・ストレス
・不摂生(食生活の乱れ・生活習慣の乱れなど)
・睡眠不足
等の理由が考えられます。

急激なホルモンバランスの変化が起きる時期や、社会人になりたてのストレスのかかるタイミングなどはわきがが突然発症すること多いので注意が必要です。


わきがをこれ以上強くしないためには、健康的な生活を心がけて普段から気持ちをリフレッシュさせることが大切です。

次の章でわきがの原因になる食生活やホルモンバランスの変化、ストレスなど影響がどんなものなのかを見ていきましょう。

遺伝の影響


良く聞く話だと思いますがわきがは遺伝が原因で発症することが多くあります。

両親がわきがなら約80%の確率で。

片親がわきがなら約50%の確率でわきがは発症するといわれています。

遺伝によるわきが発症についてはこちらで詳しく紹介しています。


ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化はわきがの発症に大きく関係します。

なぜなら、私たちがまだ猿だった時代にわきが臭は異性を惹きつけるフェロモンの役割をしていたからです。

わきがの原因となりやすいホルモンバランスの変化は第二次性徴の時期。

この時期は男性・女性共に体が大人へと変化する時期となっており、

男性なら男性ホルモンが増加。
女性なら女性ホルモンが増加します。

男性ホルモンも女性ホルモンも共に汗腺を刺激するものが存在し、ホルモンの数が増えることで頻繁に汗腺が刺激されることとなります。

ホルモンによりアポクリン汗腺が刺激を受け、汗を出すようになってしまうのです。


そのほかにも女性特有の生理や妊娠と言ったホルモンバランスの変化が大きくなるときにもわきがは発症してしまう可能性があります。

第二次性徴・妊娠・出産・更年期と、体のホルモンバランスの変化が頻繁に起きる女性の方がわきがの発症リスクが高いともいえますね。

睡眠不足やストレス

適度な睡眠や適度なストレスは私たちが生活をする上でよい効果を与えます。

しかし、寝不足や過度のストレスを受けている状態が続いたら、体は不調になってしまいますよね。

睡眠不足やストレスの受けすぎは汗腺を活発にする指令を出す自律神経である交感神経を過剰に働かせてしまうのです。


寝不足が続いたりストレスを長期にわたって受け続ける生活を送っていると、過剰に交感神経を働かせてしまい、汗腺は刺激を受け続けます。

特に過度なストレスや継続的なストレスがアドレナリンを出し、アポクリン汗腺から多く汗を出す原因となります。

わきがを酷くしないためにも、適度な睡眠とストレス発散を心がけるようにしましょう。

食生活の乱れ

わきがの原因となる食生活には「汗を多く出させる原因の食生活」と「汗の質を悪くする食生活」が存在します。

主に動物性脂肪を多く取ったり、唐辛子等の刺激物を多く食べたりすることです。

お肉ばかり食べてしまったらたんぱく質と動物性脂質を多く摂ることになり、汗に含まれる脂質やたんぱく質は増加します。

そして、刺激物を多く食べることによって汗腺が刺激され、多くの汗をかく原因にもなります。

突然わきがが発症したという方はまずは直近2週間の食生活を思い出してみてください。

あなたの食生活の変化によってアポクリン汗腺が太くなり、アポクリン汗腺が活発に働き出してしまったのかもしれません。


とくに肥満や肥満気味の人は要注意!

皮下脂肪は汗腺を刺激する要因のひとつなので、肥満気味の方はわきがが発症してしまう確率がぐんと高くなっています。

アポクリン汗腺を刺激してしまうような刺激の強い食材や、脂っこいもの、タンパク質は少なめにし、野菜を多めに摂るように気をつけましょう。

生活習慣の乱れ

わきがの発症原因となる生活習慣には
・夜更かし
・運動不足
・偏食
・喫煙
・飲酒
など、様々なものがあります。

どれも健康に害のあるものばかりですよね。

このなかでも特にわきがの発症原因となりやすいのは飲酒や喫煙。

飲酒や喫煙は、百害あって一利なしといったところでしょうか。

ストレス発散のためにたしなむ程度の飲酒はわきが臭を弱めることもあるようですが、過度の飲酒はすぐに汗腺に刺激を与えて発汗量を上げてしまいます。

わきがの発症を促したり、わきが体質の人は急に臭いが増す場合があるので要注意です。

喫煙についても同じようなことが言えます。

煙草の臭い成分は血液中に溶け出し、ワキガ体質で無くとも汗と一緒に滲み出し、体臭を強くします。

わきがの人が喫煙をすると、
ニコチンが中枢神経と体温調節機能を刺激⇒不要な汗がでて体温が低下⇒代謝が悪くなり体臭もワキガ臭も強くなる
という悪循環が起きてしまい、一層わきがを強くしてしまうのです。

「すぐに止める!」というのは難しいことかもしれませんが、体のためにも見直してみる価値はあるのではないでしょうか?

必見!わきがを強くする意外な原因

わきがの臭いが強くなってきた。。。
生活にも気を遣ってるのになんで!?


生活習慣の改善や食生活の見直し、運動不足の解消はわきがの臭いを軽減するのにとても効果的です。

でも、もしかしたらあなたが置かれている環境や、あなたが意識していないところでわきがの臭いがきつくなってしまっているのかもしれません。

意外と知らない人も多いわきがが強くなってしまう原因。

一緒に見ていきましょう。

冷暖房は臭いをきつくする?

今ではどこに言っても空調が効いているのが当たり前ですよね。

でもそんな空調はわきがを強くする原因となっているのをご存知でしたか?

夏は暑くて汗をかき、水分と塩分を摂るもの。
冬は寒くて厚着をし、体は少しの動きで代謝を上げて体を温めようとするもの。

これがわたしたちの体の機能です。

しかし、最近の室内は冷暖房によって、ある程度一定の温度に保たれているため、こういったからだの自然の働きが弱くなってしまっています。

温度調節された室内で夏と冬に起きるわきがをきつくしてしまうプロセスは以下の通り。


冷房で涼しい⇒汗をかいて体温を下げる必要がない⇒汗腺の働きが低下⇒汗が出にくい⇒老廃物が溜まる⇒臭いの増加



代謝を上げて体温が上がる⇒室内に入ると熱くて汗が出る⇒厚着で汗がこもる⇒老廃物が溜まる⇒雑菌が繁殖⇒臭い増加

冷暖房によって汗腺の活動に大きな影響を与えています。

アポクリン汗腺から出る汗がわきがの原因ですので、汗腺の活動を正常に働かせるようにしないと、わきがを悪化させる原因になってしまいます。

コーヒーや紅茶が臭いを強くする

コーヒーや紅茶がわきがをきつくするという話を聞いたことがありませんか?この噂は半分本当で半分嘘です。

わきががきつくなるにはわきがの原因であるアポクリン汗腺から汗が出ていることが最低条件です。

コーヒーや紅茶がわきがをきつくしたとしても、アポクリン汗腺から汗が出ていないのであればわきががきつくなることはありえません。

ではコーヒーや紅茶がわきがをきつくするなんて噂はなんだったのでしょう?


その答えはコーヒーや紅茶に含まれるカフェインが持っています。

わきが持ちの方は強さは違えどわきが臭を放っている状況です。

わきがの臭いの強さはアポクリン汗腺から出る汗の量や汗の質に比例します。

カフェインには発汗作用があるため、コーヒーや紅茶を飲むことによって汗は通常よりも多くでることになります。

そのため、コーヒーや紅茶を飲むことでアポクリン汗腺から出る汗が多くなってわきがが強くなってしまうのです。

しかし、アポクリン汗腺が活動していなければコーヒーや紅茶でわきがが発症することはほぼありえないので、気にすることはありません。

わきがの原因と発症には理由があります

わきがの臭いが発生するのと、わきがを発症するのには理由が存在します。

それは、あなたがどうにもできないものかもしれませんし、普段の生活を見直すことで対処できるものかもしれません。


でも、ここでわきがの原因について学ぶことができたあなたはきっとわきがの発症を食い止めたり、臭いがきつくなるのを抑えたりできるはずです。

まずはわきがの原因であるアポクリン汗腺を刺激しないこと。
わきがをきつくする要因をなくすことから始めてみましょう。

あなたのわきがの悩みを少しでもなくすことができる日を願っています。