薬局で売ってるわきがクリームは効く?効かない?

わきがでお悩みの方は、どんな対策が効果的なのか、どんな商品なら悩みを解決してくれるのか、迷ってしまうという経験をされていると思います。わきが対策と銘打った商品がたくさんでているからです。しかし、たくさんあるということは、それぞれに特徴や違いがあるといこうとですよね?
ここでご紹介するのは、わきが対策商品の、薬局販売と通販品の違いについてです。

 

【薬局販売のわきがクリームの効果】

 

通常、ドラッグストアなどで販売されているわきが対策商品は、どこでも手に入れやすくコストも抑えられます。スプレータイプやロールオン、クリームタイプなど種類も様々ですよね。自分の使いやすいタイプの商品を、数ある中から選べる魅力があります。
また、香りも豊富です。わきがの方は気になる臭いをカバーしたいという思いから、自分好みの香りの商品に魅かれやすい傾向があります。

 

そこで伺いたい点があります。
ドラッグストアで数ある中から選んだ商品に、満足されたでしょうか?
一部の方は、効果が感じられたかもしれません。しかし、多くの方は期待とは裏腹にあまり効き目を感じなかったのではありませんか?
その理由は、使用した方のわきがが、軽度なのか中度なのか重度なのかによるからです。
わきが対策商品と販売されていても、中度から重度の方にはあまり効き目はありません。
そこで、お勧めしたいのが通販のわきが対策商品です。

 

薬局販売と通販のわきが対策商品の違いとは?

 

1番の違いは、わきがに特化した商品かどうかです。
薬局販売は、先にご紹介した通り効果が感じられない方が多く、わきが対策に特化しているとは言い難いのが現状です。それに対して通販の商品は、わきがにしっかりと特化した商品を作っていると言えます。その分、コスト面などにも違いがあるのです。

 

薬局販売と通販で考えるメリットとデメリット

 

それでは、具体的に薬局販売と通販では、わきが対策商品にどんなメリットとデメリットがあるのか、ご紹介していきますね。

 

◆ 薬局販売のメリット
*どこでも手に入れやすくコストが抑えられる。
*香りや種類が多い。
*多く出回っているため、品切れの心配が無い。
*軽度であれば多少の効き目がある。

 

◆ 薬局販売のデメリット
*持続性が期待できない。
*効果が薄い。
*汗をかくと落ちやすい。
*肌トラブルの可能性がある。

 

そもそも薬局販売は、重度のわきがでお悩みの方に向けた商品とは言えません。
メリットにある、安価で手に入れやすい商品ということは、使える商品の成分にも限界があるという意味です。そのため、デメリットにある肌トラブルの可能性が高くなってしまいます。
わきの下は皮膚が薄く弱いため、刺激の少ない天然成分や無添加のものがお勧めです。
低コストの薬局販売では、そうした成分を使うのには限界があるんですね。

 

◆ 通販商品のメリット
*効果が高い。
*持続性が長い。 
*天然成分や無添加にこだわり肌に優しい。
*衣服の黄ばみや汗に効果的。
*制汗、消臭に優れている。
*保湿効果が期待できる。
*返金保証や定期コースのある商品が多い。

 

◆ 通販商品のデメリット
*コストがかかる。
*人気の商品は在庫が不足がちになる。
*届くまで数日かかる。

 

通販商品は厳選されたワキガに特化した商品のため、メリットの方が目立ちますね。
お肌にも優しく重度の方でも効果が期待できる商品が多いのです。効果が持続するのも嬉しいですね。
また、商品によって日数は異なりますが、返金保証が付いているのは「効果に自信がある」ことの表れとも感じられます。
わきがに特化した優しい商品を作るために、こだわりを持って作られているので、コストが上がるのは仕方のないことです。
薬局販売は、1000円前後〜1500円前後、通販商品は、3000円前後〜8000円前後とかなり違います。1点ずつ購入するよりも、定期コースがあれば、そちらを利用した方がとてもお得です!ただ、始めは返金保証の付いた商品から試してみては如何でしょうか?

 

市販商品と通販商品のわきが改善効果の違い

市販でも通販でもわきがクリームに含まれている制汗成分は同じです。
わきがクリームの効果で違う点は
・わきがの消臭効果
・効果の持続時間
・値段

 

以下この3点のわきがクリームの効果について解説をしていきます。
市販商品と通販商品の消臭力の差は?
市販のわきがクリームは主に汗を止めることでわきがを抑えるというわきが対策商品です。そんな市販のわきがクリームに含まれる成分は制汗成分だけというものも少なくありません。汗を止めればわきがは出ませんが、制汗効果がなくなったときにはわきがが復活してしまいます。
それに対して通販のわきがクリームにはわきがの原因である汗と菌に働きかける制汗効果と殺菌効果。これに加えてわきがのにおい対策として柿タンニンや緑茶エキスなどの消臭効果のある成分も含んでいます。ランキングで紹介しているわきがクリームを見たら分かると思いますが、通販のわきがクリームにはわきが対策として欠かすことの出来ない「汗・菌・におい」の3つの点からわきが対策を行っています。
市販の汗を止めるだけのクリームと比較したらわきが対策としてどちらが優れているのか分かりますね。

 

市販商品と通販商品の持続時間の差は?
市販で売られているわきがクリームやわき汗クリーム。制汗剤は効果の持続時間が短い傾向にあります。
特に制汗スプレーなどのわきに噴きつけるタイプのものはわきの皮膚にしっかり当たらないこともあって効果の持続時間が長くても2時間程度となってしまうのです。また、クリームタイプにしても市販のものはわきがの症状の重さやわき汗の量によっては1時間と経たずに汗が出てくることもありえます。
それと比較すると、通販で購入できるクリームは制汗効果が短くても半日。長いと1日中効果が持続することもあります。わきがクリームはわきがやわき汗の心配をしないでいいという安心感からも発汗を抑えることが可能です。わきが・わき汗の改善にはわきが対策クリームやわき汗対策クリームを通販で購入したほうが効果が期待でるのでおすすめです。

 

市販商品と通販商品の値段の差は?
わきがクリームを値段で比較すると通販で購入したほうがコストは高くなります。マツモトキヨシやスギ薬局などのドラッグストアで購入できるわきがクリームは大体1000円前後で購入することができるので、とてもリーズナブルです。
しかし、通販のわきがクリームには通販にしかない魅力がたっぷりとあるのです。
まず第一に返金保証が付いているものが多いということ。わきがクリームなどの効果は実際に使用してみないと実感することができません。そんな効果があるのかどうか分からない商品に対して高い代金を支払うのですから、不安になってしまいますよね。
その上わきがクリームは市販のものの方が効果が薄い上に持続時間が短いです。その為、何度も塗りなお差なければならないし、クリームの買いなおしも必要となります。その点通販のわきがクリームは持続時間が長い為、購入頻度を少なく抑えることが可能。また、効果が得られなかった場合には返品・返金保証を永久的についけているメーカーもあるのであんしんです。1年を通したコストでクリームの消費量を計算をすると、市販のものを1ヶ月に4本消費。通販のものを1ヶ月で1本消費すると仮定したらコストの差はあまりないといえますね。
頻繁に塗る手間があるだけに市販クリームの方が損をしている感覚になってしまうかも知れません。

 

ニオイがきついなら薬局よりも通販がおすすめ!

 

◆ 簡単にまとめてみました。
1.自分のわきがの程度を知ること。(軽度〜中度〜重度)
2.軽度なら、薬局販売でも効果が期待できる可能性がある。(お肌の弱い方はご注意を!)
3.中度で薬局販売では効果が見られなければ、通販商品がお勧め!
4.重度の方は、わきが対策に特化した通販商品でケアを!

 

如何でしたか?
薬局販売と通販商品の違いについて、触れてみました。
わきがはデリケートな悩みで、商品を選ぶのもどうすれば良いのか悩んでしまいますよね。
少しでも、そんなお悩みを抱えている方のお役に立てればと思っています。
わきがの悩みを気にせず、毎日を楽しく過ごせるようにしたいですね!