冬のわきがや脇汗はちょっとしたコツでぱぱっと撃退!

 

汗やわきがといえば暑い時期を連想することが多いですが、実は冬の方が気をつけなければいけないんです。

 

どうして寒い時期にわきががきつくなるのか。
どうしたら冬のわきがや脇汗をどうにかできるのか。

 

冬の脇汗・わきがの悩みについてこのページではまとめています。

 

冬は脇汗が出やすい季節!わきの臭いのコントロール方法

 

冬の季節は寒さをしのぐために通気性の悪い厚手の服を重ね着する季節です。

 

わきがや脇の臭いは、本来、少しずつ発生して、服の外に漏れるもの。

 

しかし、冬のわきがやわきの臭いは服の内側にこもって臭いを溜め込み、上着を脱いだときに一気に放出されます。

 

そのため、冬のわきがや脇の臭いは夏のわきがよりもきつく感じてしまうのです。

 

また、冬は体の体温を一定に保つために基礎代謝が上がり、夏よりも汗が出やすい季節となります。

 

気温のせいで感じにくいことですが、実は冬の方が脇汗が出やすく、わきがもきつくなりやすい季節なのです。

 

3つのコツで脇汗・脇の臭いのコントロールが可能です

 

冬に脇汗の量やわきがを強くしてしまう原因は
・服装
・気温の変化
・食生活の変化
の3つ。

 

そのため、まずはこの3つの対策を行うことが大切です。

 

服装の改善

 

冬は寒いのでどうしても通気性が悪く、熱がこもりやすい服を着がちです。

 

そのため、汗で湿気もこもるし、臭いもこもってしまい、服を脱いだときの臭いの強さは夏の暑い時期を大きく上回るものになってしまいます。

 

脇汗や脇の臭いを服装で改善するには、通気性の良い服装を心がけることが大切です。

 

特にポリエステル素材の服をメインに着ている方は、まずはきている服の素材の変更をおすすめします。

 

ポリエステル素材は湿気の放出が苦手な素材なので、服の内側が蒸れ、脇汗の発汗や臭いの増加を促す原因となってしまうのです。

 

少々値がはる場合もありますが、下着や肌着だけでも綿や絹のものをしようすると、脇汗の発汗量減少や臭いの軽減が期待できます。

 

気温の変化の改善

 

冬に外を歩いてから室内に入ると、背中などからじわっと汗が出てくる経験をしたことがない人はいないでしょう。

 

私たち人間は恒温生物なので、身体が体温を常に一定に保とうとするように働きます。

 

冬の寒空の下でも体温を36℃前後に。
夏のカンカン照りの中でも体温を36℃前後に保とうとするのです。

 

しかし、冬の気温の低い中体の代謝を上げて体温を36℃前後に保とうと熱を作っている最中に気温が25℃の室内に入ったとしたらどうでしょう?

 

体は急な変化にすぐ対応をすることができませんので、室内に入った瞬間から温かい状況に対応しようと汗をかき始めるのです。

 

温かいところから涼しいとところに移動する場合には汗はかきません。

 

ですが、寒いところから温かいところに入ると汗はたくさん出てしまいます。

 

冬の寒暖差の激しさは脇汗の量とわきがの臭いをきつくする原因となります。

 

寒い外から温かい室内に入るときには、徐々に気温の高いところに移動することを心がけてください。

 

デパートなどでは、階段などでちょっと休憩してから中に入るのが徐々に気温に慣らすのにおすすめですよ。

 

食生活の変化の改善

 

冬は飲み会のシーズンでもありますね。

 

そんな飲み会では、寒い状況から体を温めるようなものを食べることも多いでしょう。

 

実はこれが脇汗増加と、脇の臭い悪化の原因を作っています。

 

唐辛子や肉類といった、冬の定番とも言える食材には、体の代謝を上げて発汗を促す作用があります。

 

そのため、脇汗や脇の臭いを気にしているあなたはちょっとだけ食べる量をコントロールして脇に汗をかかないような工夫をしてあげることが大切です。

 

少しも食べてはいけないというわけではなく、ちょっとだけ控えるよう心がけてください。

 

体を冷やす食べ物を食べる必要はありませんが、ちょっとした意識があなたの脇汗軽減を助けます。

 

服装や気温のコントロールで汗の量や臭いが抑えれないならクリームでの対策がおすすめ!

脇汗のコントロールをしたところで、汗は完全に止まらないし、臭いもまだまだ気になるよ、、、

 

というあなた。

 

そんなあなたには制汗効果が高く、臭いをすぐに消してくれる「わきがクリーム」の使用がおすすめです。

 

わきがクリームは高い制汗力をもち、さらにはつけてから1分と経たないうちに臭いをなくすという特徴があります。

 

脇の汗臭さやわきがにとても効果的なので、気になる方はわきがクリームの使用も検討してみてください。

 

わきがクリームの詳細はこちらのページで紹介しています。