MENU

簡単にできるわきがを抑える方法

デリケートな質問ですが、ワキガでお悩みの皆様は、普段どのようなケアをしていますか?
ワキガに限らず、デリケートな悩みはひとりで抱えてしまうと、精神的にも辛いですよね。
ワキガは遺伝による体質です。ですが遺伝したとしても症状が出るとは限らず、症状が出ても対応策はあります。前向きに改善策を探しましょう!

わき毛はわきがをきつくするってホント?

そもそもワキガ臭はアポクリン汗腺から出る汗と、それを好む常在菌が原因で起こっています。
これは、どんなに清潔にしていても、体質から生じるため自分の力で完全に失くすということはできないのが現状です。ですから、ワキガ臭を軽減するためには、まず、わき毛の処理が前提となってきます。加えてお伝えすると、ワキガ臭の原因になっているアポクリン汗腺も常在菌も、私たちの体にとって必要な働きを担っていることを、忘れてはいけません。

ワキガ体質の人もそうでない人も、女性であればほとんどの人はわき毛の処理をしていると思います。ただ、男性の場合は…難しいところでしょうか?

ワキガ臭にわき毛の処理が必要なのは、わき毛に水分や汗を逃がさないようにする働きがあるからです。わきのアポクリン汗腺から出た汗はわき毛に留められ、皮膚常在菌によって分解されてワキガ臭を発生させます。
ワキガ体質には、軽度⇒中度⇒重度と3段階ありますので、その程度によって症状はまちまちです。ですから、程度によって改善策を考える必要があるのです。

わき毛を処理すれば、こもっていたワキガ臭を抑えることができます。
デオドラントやシートを利用するときも、わき毛がないので直接お肌に使用できます。
男性の場合は短くカットするなど、何か対策を講じていただければ…というところです。
脱毛後にわき汗の増量を感じる方がいるようですが、それまでわき毛が持っていた汗や水分が、わき毛が無くなることで表面に現れるためです。どうぞ、ご安心ください。

わきがを抑える対処方法

わきがの臭いを抑えるには正しいわきがの対処をしていかなければいけません。間違ったわきがの対処方法は逆にわきがの臭いをひどくしてしまいます。どんな対処がわきがの臭いをきつくしてしまうのか。また、どんな対処がわきがの応急処置として望ましいのかを確認していきましょう。

普段の生活でできるわきがを軽くする方法

社会生活の場では、周囲の目が気になり落ち着かず、緊張や不安でワキガ対策用に何か持ち歩きますよね?そこで、出来るだけワキガ臭が弱くなるように、普段の生活に取り入れてみて欲しいことをご紹介します。

有酸素運動で汗をかく
運動後などに出るさらっとした汗は、エクリン汗腺から出るものです。エクリン汗腺の汗は酸性で、酸性の汗は細菌の繁殖を抑制します。菌が抑制されると、アポクリン汗腺の汗を栄養とする菌も減るので、更にワキガ臭が抑制されます。また、汗をかくことで正常に汗腺を働かせることができます。発汗機能が正常に働かないとアポクリン汗腺からの発汗もおかしくなっていきます。うまく発汗できない汗腺からの汗は余分な成分を多く含み、わきがをきつくする可能性があるので、有酸素運動で汗をかくことはわきがの軽減が期待できます。

また、有酸素運動でストレスを発散させることもわきがを軽くするには有効な手段と言えます

湯船に使って入浴する
湯船につかって毛穴を開かせることで、その日の汚れが落ちます。毛穴に詰まった皮脂や汚れはアポクリン汗腺から出た汗と混ざるってしまいます。汚れと混ざったアポクリン腺からの汗は、細菌に分解された時に通常よりもひどい臭いを発することになるので、湯船で毛穴を開かせて汚れを落とすことはわきがを軽くするのに効果的です。
更に、コップ1杯の酢をお湯に入れるだけで殺菌効果があり、消臭殺菌作用のある石鹸などを使えばもっと効果が期待できるはずです。

わき毛をなくしてワキガを軽くする方法

わき毛はわきがをきつくする要因です。しかし、わき毛のケアをするにも様々な方法があります。方法によってはわきがをきつくしてしまう可能性があるものもあるので、どのわき毛のケア方法が望ましいのかを確認していきましょう。

わき毛を抜く
わき毛を抜くのははあまりお勧めできません。毛根まで抜けたり、抜けなかったりし、誤ってお肌を傷つけたり、埋没毛が出来たりする可能性もあります。わき毛を抜くことで汗腺が刺激され、ワキガが悪化することもあります。リスクを考えれば避けたい方法です。
※埋没毛を作ることや無理やり毛穴をあけてしまう行為は肌トラブルを招きます。炎症が起きてしまうと常に汗腺が刺激され汗をかく量が増えてしまうので、わき毛を抜くのは止めましょう。

わき毛を剃る
以前からあるわき毛処理の王道です。お肌を傷つける可能性はあるので注意は必要ですが、抜くよりも安全で簡単です。
面倒がって何も付けずに剃ったり、ほとんど生えていないのに毎日剃ったり…過度のお手入れは、お肌を傷つけて思わぬトラブルを招くこともあります。炎症が起きると汗腺を刺激してしまいます。

わき毛を剃る場合には剃刀を使った方法よりも電動シェーバーを使うほうが望ましいといえます。剃刀では必要以上に深ゾリしてしまう可能性もあるので、肌を傷つけずにわき毛を剃るなら電動シェーバーがおすすめです。

家庭用の脱毛器具
光で毛を処理するタイプです。どの程度の効果かは判断しかねます。特に、ワキガ体質の人は毛の量が太く多いことも特徴なので、リサーチは必須です。

エステやクリニックでの永久脱毛
女性の場合は、すでに施術されている方が多いかもしれませんね。
「永久」と言っても、いずれまたわき毛は生えてきます。汗腺が閉じるのも一時的です。
今はかなり安価なところもありますが、事前のリサーチはした方が安心です。

専門医療機関での手術
重度の方の最終手段です。永久脱毛のように、症状の再発もあるそうです。身近で出来ることは全て試してから、考えましょう。

ツボを刺激して脇汗を止める方法

ワキガ体質の人は、アポクリン汗腺から黄身がかった粘度の高い汗が出ます。外出先で、ワキガ臭の付いた服を着て過ごすのは困りますよね。ワキガ体質の人は多汗症を併発している方も多いので、実際に汗をかいたときに汗を止める、即効性のあるツボをご紹介します。

屋翳(オクエイ)
屋翳は上半身の汗を止める即効性のあるツボです。
乳首の上で、指2〜3本分辺りのところ。左右にあるので、1〜3分ほど押すことで上半身の発汗を抑えることができ、汗の出始めでワキガを抑えることが期待できます。

大包(ダイホウ)
京都の舞妓さんも使っている上半身の汗を止める即効性のあるツボです。
腕を組むようにして、両脇の真ん中から下あたりを押すことで上半身の発汗を抑えます。

舞妓さんは大包を刺激するときには紐を使って刺激をします。これは半側発汗という人間の汗をかく性質を利用した方法で、胸の辺りを紐で圧迫すると圧迫したところから上の部分で汗をかかなくなるというものです。その代わり圧迫したところから下は上半身で汗をかかない分の汗をかくことになります。

わきがを抑える方法はにはポイントを抑えた処置が大切!

ここで触れた「わき毛」を無くすかどうか。単純なことですが、男性と女性ではこんなところに違いが出るのですね。
わき毛の処理となると性別の問題が出てくる可能性がありますが、その他の方法なら男女問わず行うことができます。
場合に合わせたわきがを抑える為の処置で少しでも悩みが改善に向かうことを願っています。