MENU

多汗症の原因ってなに?脇多汗症を治すには

季節に関わらず、すごく汗をかいて困っている、という方がいらっしゃいますよね。
人によって汗をかく場所はバラバラで、脇の下や手の平、顔や頭…とまちまちです。中には全身に汗をかくという方もいらっしゃいます。
見えない所ならまだ良いと思われるかもしれませんが、衣服に付いた汗は時間が経つと汗臭くなってしまいます。いずれにしてもケアは必要です。
大量の汗に困っている方へ向けて、その原因や対処方法についてご紹介したいと思います。

多汗症ってなんなの?

汗は体温調節や緊張・不安などのストレス、刺激のあるものを食べたときに出るものです。これらは温熱性発汗・精神性発汗・味覚性発汗と呼ばれ、基本的に人が汗をかく理由はこの3つしかありません。そのほかには自律神経の問題や病的な問題で汗がでる場合もあります。

多汗症とは必要以上に汗が出てしまう症状のことを指し、全身に多汗症の症状が出ることを全身性多汗症・体の一部に限定的に多汗症の症状が出ることを限局性多汗症と言います。

わきの汗がとまらないのはわき多汗症?


暑いときは誰でも汗をかきます。冬でも暖かいところにいたり、厚着をしていたりすれば汗をかきます。汗をかくのは体の機能で普通のことです。これが、いわゆる「汗かき」で、体温調節するためのものなら病気ではありません。運動の後などにかく汗はこれに当たります。

しかし、体温調節が必要ではないのに大量に汗をかいてしまう人がいます。これは「汗かき」ではなく「多汗症」と言われる病気です。
特にわき汗をかく人が多いと思うのですが、これはわきの下に汗を出す汗腺というものが集まっているからです。この部分的に大量の汗をかくことを「局所多汗症」といい、多汗症の大部分の人はこれに当たるのではないでしょうか。局所多汗症では、わきや手の平、足の裏や頭、顔などに大量の汗をかきます。
また、局所多汗症に比べると数は少ないのですが、体全体に大量の汗をかく「全身多汗症」という病気も存在します。

因みに、わきがと多汗症を同じように思っている方もいますが、2つは別のものです。
わきがの原因になる汗はアポクリン汗腺から出る汗で、病気ではなく遺伝によるもの、多汗症で汗を出すのはエクリン汗腺という汗腺で違う汗腺から出る汗だからです(なかには遺伝の方もいます)。
汗をかく量は人それぞれなので、自分だけの判断で汗かきか多汗症かわきがかを見分けるのは難しいことです。やはり気になる程の汗であれば、専門の医療機関で判断してもらうのが一番です。

多汗症はストレスが原因かも!?多汗症が発症してしまう原因

多汗症に限らず、今はストレス社会と言われていて、ストレスによる病気が大きく取り沙汰されることも普通のようになりました。
多汗症には原因がはっきりしないものもありますが、ストレスが大きく関わる精神性多汗症というものがあります。極度の緊張や不安、恐怖心などにより大量に発汗してしまうものです。
原因がストレスの場合、多汗症の治療と同時にストレスの根本も治療する必要があります。

◆ストレスによる発汗に関わっているのは自律神経です。
*交感神経⇒活動、緊張を促すもので、体を活発に動かすために働いている。
*副交感神経⇒身体を休ませたり、リラックスさせたりするために働いている。

ストレスが続くと自律神経が乱れ、発汗を促す交感神経がより活発になるため、ますます汗をかいてしまうのです。周りの目が気になりだすと余計に汗をかいてしまい、悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

多汗症の原因となるのは交感神経失調がほとんどです。ストレスでの多汗症の原因に交感神経の紹介をしましたが、ストレスに関係なく交感神経失調を発症し、多汗症になる場合もあります。多汗症の多くがストレスから発症するものなので、自力でストレスを解消することで多汗症が治る場合もあります。しかし、ストレスは日常的にかかるもの。
多汗症の疑いがある場合には医療機関への受診をおすすめします。

また、全身多汗症の場合には他の病気が隠れていることがあります。
更年期障害やホルモンバランスの乱れ、急性リュウマチやバセドー病など…思わぬ病気の可能性もあるので、あまりに多汗症がひどいようであれば迷わず医療機関に受診してください。

多汗症には治療が必要なの?多汗症の治し方

多汗症は病気ですので、人それぞれ程度は違いますが治すためには治療が必要です。
特に局所多汗症は限定された一部分に大量の汗をかきます。場所によって病名も異なりますし、適用できない治療法もあります。
治療方には、汗腺を取り除く方法と温存する方法が有ります。わきがに有効なボトックス注射も多汗症に効果がありますが、臭いの改善ほどの効果は期待できないので、はっきりわきがと分かっている方にお勧めの方法ですね。
汗腺を除去する方法も温存する方法も、それぞれメリットとデメリットがあります。費用や効果の持続性、再発の可能性など、十分に考慮した上で自分にあった方法を選択して下さいね。

すぐに汗を止めたい人にはこれ!自分でできる方法と病院でしてもらう方法


*わきがクリーム⇒制汗剤などは、汗の量によっては一時的な効果しか望めない可能性が高いので、出来るだけ品質が良く持続性の高い、わきがクリームがお勧めです。ただし、成分表示はしっかり確かめましょう。
*ボトックス注射⇒発汗を促す神経物質をブロックします。効果は2〜3日で実感でき、持続性は平均で6ヶ月程度です。費用や副作用など注意点もあるので、事前のリサーチは必須です。

大量の汗は自分でもどうしようもないものです。特にストレスが原因だとメンタルのケアも必要です。自分なりのストレス解消法をひとつでも持っていると、それだけでも安心感で汗の量が減らせる可能性もあります。何でも良いのです。ひとつ自分のリラックスアイテムを見つけておくと良いのではないでしょうか。